menu

前回の記事では、明度の効果や明度差で変わる写真の印象についてお話しました。
今回は、シリーズ【第三回】「色の彩度とトーン」についてです。
早速本題に入りたいですが、まずは「色の三属性」について少しだけ復習してから3番目の要素である「彩度」について解説していきますね。

■ 色の三属性とは

「色の性質」は「色相」「明度」「彩度」の3つの要素でできています。
この3つの要素のことを「色の三属性」と呼び、それぞれを調節することにより私たちは様々な色合いを作っているのです。

■ 彩度とは

彩度とは色の鮮やかさの度合いのことで、鮮やかな色は「彩度」が高く、濁った色は「彩度」が低いです。
例えば赤色(#FF0000)は彩度が高く、そこから彩度を下げていくと濁った茶色のような色に変化します。
彩度をうまく使いこなすには、トーンに置き換えて考えると理解しやすいです。

■ トーンとは

よく、「彩度」と「トーン」を勘違いしてしまう人が多いですが、「彩度」と「トーン」は異なるものです。トーンとは「明度」と「彩度」を併せた考え方のことを言います。
トーンは「高い」「低い」で表すのではなく、「強い」「淡い」で表現します。
PCCS(日本配色体型)ではこれらの違いを、12種類の鮮やかさが同じグループに分けています。

ビビッドトーン(v)
bibid
ビビットは鮮やかで生き生きとした印象を持つ純色のことを言います。とても目立つ色なので、
アクセントカラーとして使われることが多く、アクティブなイメージからスポーツウェアに取り入れられることが多いです。
トーンのイメージには、「冴えた」「鮮やかな」「派手・目立つ」「生き生きとした」といったものがあります。

ブライトトーン(b)
bright
ブライトトーンとは、純色に白を混ぜたような色で、明るくカジュアルなイメージです。
プラスチックのような軽い素材によく使われ、幼児向けの商品にも多く使われます。
トーンのイメージには、「明るい」「健康的」「華やか」「陽気」といったものがあります。
ストロングトーン(s)
strong
ストロングトーンとは彩度の下がった純色に白と黒(灰)を混ぜた濁った色調のことです。
ビビッドトーンと識別が難しいですが、ビビッドトーンに比べ、ストロングトーンには白と
黒が混ざっているので、少しだけ大人っぽい色になります。
トーンのイメージには、「強い」「情熱的」「くどい」「動的」といったものがあります。
ディープトーン(dp)
deeo
ディープトーンとは純色に黒を混ぜてできる暗い調子の色調のことです。
ビビッドトーンと比べると、色の中の黒の印象が強く感じられます。
暗い印象を受けますが、彩度は高いので落ち着いた色の中にディープトーンを
入れることで、落ち着いた中のハデさを表現することができます。
トーンのイメージには、「深い」「和風」「充実」「伝統的」「濃い」といったものがあります。
ライトトーン(lt)
light
ライトトーンとは純色に白を混ぜて出来る調子の明るい色調のことです。
パステルトーンと呼ばれることも多く、軽さや柔らかさを連想させ、子供向けの商品や幼稚園、遊園地のテーマカラーによく使われます。
トーンのイメージには、「楽しげ」「子供っぽさ」「浅い」「澄んだ」「さわやか」といったものがあります。
ソフトトーン(sf)
soft
ソフトトーンとは純色に白と黒を混ぜて出来る濁った調子の色調のことです。
エレガントな印象を受けるため、ファッション、インテリアなど幅広い用途で用いられています。
またソフトトーンはストロングトーンと共に灰色が感じられる色です。
両者の異なる点としては、ソフトトーンのほうがストロングトーンよりも白みが多く、彩度が低いという点です。
トーンのイメージには、「やわらかい」「ぼやっとした」「穏やかな」といったものがあります。
ダルトーン(d)
dall
ダルトーンとは純色に白と黒を混ぜて出来る濁った調子の色調のことです。
ダルトーンを単体で見ると、地味な色だと思われますが、落ち着いた色合いなので、
他の色を引き立ててくれる役割があります。
トーンのイメージには、「鈍い」「中間色のような」「くすんだ」といったものがあります。
ダークトーン(dk)
dark
ダークトーンとは純色に黒を混ぜてできる澄んだような暗い色調のことを言います。
ディープトーンとダークトーンは似ていて、どちらも黒みが感じられますが、ダークトンは
ディープトーンよりも深く、暗い印象を持つので重量感が増します。
トーンのイメージには、「大人っぽい」「丈夫な」「円熟した」「暗い」といったものがあります。
ペールトーン(p)
pale
ペールトーンとは純色に白を混ぜて出来る澄んだ調子の明るい色調のことです。
ペールトーンはシャーベットトーンと呼ばれることも多く、純真さや繊細なイメージを連想させる色です。
トーンのイメージには、「軽い」「かわいい」「淡い」「女性的」「あっさり」「若々しい」「薄い」といったものがあります。
ライトグレイッシュトーン(ltg)
lightgray
ライトグレイッシュトーンとは純色に白と黒を混ぜて出来る彩度の下がった濁った調子の色調のことです。
ライトグレイッシュトーンは霧がかかったようなおしとやかな印象を持たせるトーンです。
トーンのイメージには、「明るい灰がかった」「落ち着いた」「渋い」「おとなしい」といったものがあります。
グレイッシュトーン(g)
gray
グレイッシュトーンとは純色に白と黒を混ぜて出来る彩度の下がった濁った調子の色調のことです。
シックでナチュラルなイメージにマッチします。ペールトーン、グレイッシュトーン
ダークグレイッシュトーンの3つは色味が少なく感じられるトーンです。
トーンのイメージには、「地味な」「濁った」「灰がかった」といったものがあります。
ダークグレイッシュトーン(dkg)
dg
ダークグレイッシュトーンとは純色に黒を混ぜてできる澄んだ調子の暗い色調のことです。
黒みの量がとても多く、格調高い高級感のある雰囲気になります。
ディープトーン、ダークトーン、ダークグレイッシュトーンの順で黒みが増えていきます。
トーンのイメージには、「固い」「男性的」「暗い灰みの」「陰気な」「重い」といったものがあります。

■ トーンの違いが作り出す印象の違い

近いトーン同士は穏やかに調和し、落ち着きのある印象があり、淡いトーンと強いトーンが組み合わさると活気が生まれ、変化を生みます。
トーンの違いが作り出す印象の違い

■ トーン差の効果

トーンが強いと動きのある生き生きとした印象を与え、トーンが淡いと幼児向けの印象が強くなります。
トーン差の効果

■ まとめ

彩度とは色の鮮やかさの度合いのことで、彩度をうまく使いこなすには、トーンに置き換えて考えると理解しやすいです。
トーンとは「明度」と「彩度」を併せた考え方のことを言い、12種類の鮮やかさが同じグループに分けられています。
組み合わせによって様々な印象を与えることができ、近いトーン同士はまとまった印象を与え、離れたトーン同士は動きのある印象を与えます。
トーンの構成は、配色の印象を決める上での最重要ポイントです。

  

この記事を書いた人:中林 沙妃

口コミまってます

お役立ち情報

記事一覧

Exaについて

Exa(エグザ)は、店舗や企業を紹介する、地域情報掲載型ポータルサイトです。
日本全国の飲食店やアパレルショップ、雑貨店など、様々な業種の店舗情報を都道府県別に掲載し、紹介しています。

ページ上部へ戻る