menu

前回の記事では色相の配色ルールに基づいたデザイン手法を紹介しました。

色相差をコントロールすることで、様々な印象をユーザーに与えることができ、例えば反対色(補色)を効果的に用いることで全体に緊張感をもたせたり、類似色を用いることで穏やかな印象を与えることができましたね。

今回はシリーズ【第二回】「色の三属性・明度」についてです。

早速「明度」について触れていきたいのですが、最初に少しだけ「色の三属性」について復習してから2番目の要素である「明度」について解説していきますね。

■色の三属性とは

「色の性質」は「色相」「明度」「彩度」の3つの要素でできています。

この3つの要素のことを「色の三属性」と呼び、それぞれを調節することにより私たちは様々な色合いを作っているのです。

■明度とは

色相の中で、最も明るい色は白、最も暗い色は黒です。そして白と黒の中間には灰色がありますよね。

しかし、その灰色の中でも白に近い灰色や、黒に近い灰色など沢山の灰色が出来上がります。

これを順に並べていくと、グレースケールという明度のスケールが出来上がります。

 

【グレースケール】

グレースケール

■明度の効果

私たちは明度の高い(明るい)色を見ると、明るい元気な印象を、逆に明度の低い(暗い)色を見ると、重たい印象を持ちます。

ここまでは一般的な見解だと思いますが、色相の異なる色同士での配色に置き換えてみても明度差が少ないと落ち着いた印象を、明度差が大きいと力強さや元気な印象を持つということも覚えておくと便利です。

 

明度の効果

■明度差で変わる写真の印象

食べ物を例に、明度差の違いで写真の印象が異なることについて学んでみましょう。

上の写真は明度が高く、上品で明るくさわやかな印象を受けます。

一方、下の写真は明度が低く、若干食欲が落ち着く印象があります。

 

↓上品で明るくさわやかな印象

上品で明るくさわやかな印象

↓食欲が落ち着く印象

食欲が落ち着く印象

■トーンを合わせると調和が取れる

色の三属性には、「色相」「明度」「彩度」とありましたが、その中の2つの「明度」「彩度」は「トーン」と呼ばれることがあります。

明度の高いカラー群を「ペールトーン」「パステルトーン」と言い、明度や彩度の低いカラー群を「ダークトーン」「ダルトーン」と呼びます。

このトーンを合わせることで色相の異なる多数の色を用いる場合でも、調和の取れた配色が可能になります。

また、変化を付けたい場合は同じトーンの中で異なるトーンのものを一つ加える事でアクセントカラーになり、印象的な配色ができます。

 

■注意点

時としてペールトーンやパステルトーンなどで統一し過ぎると、スマートフォンなどでの野外での閲覧時に、色の差がほとんど判別できない場合があります。

トーンを合わせると簡単に調和の取れた配色が可能ですが画面内のコントラストが弱くなり、可読性や視認性が低下する恐れがあります。

なので画面のコントラストに注意して配色を楽しんでみましょう。

 

配色の注意

  

この記事を書いた人:中林 沙妃

口コミまってます

お役立ち情報

記事一覧

Exaについて

Exa(エグザ)は、店舗や企業を紹介する、地域情報掲載型ポータルサイトです。
日本全国の飲食店やアパレルショップ、雑貨店など、様々な業種の店舗情報を都道府県別に掲載し、紹介しています。

ページ上部へ戻る